《クール便に関するお願い》 ヤマト運輸では15キロ以上のお荷物につきクール便の使用を中止しております。
クール便の使用は 1.8L瓶は5本まで、720mlは12本までとなります。

國香の蔵へ行きました。  2001.2.14.(水) 静岡県袋井市の國香酒造を訪れました。 静岡県袋井市の北側、ほぼ豊岡村に近い田圃と小高い丘に囲まれた閑静な地に、 その蔵はあります。杜氏さんは、蔵元のご子息の松尾晃一専務。まだ30代の若手 ですが、手造りの非凡な酒質が、最近富に注目されている蔵です。 私が訪れた時は、ちょうど搾りの真最中。このお蔵は、全量槽(ふね)による袋搾りで、 ヤブタ式の搾り機はありません。今となってはそのことが、逆に國香らしさを際立たせ、 個性的な酒質を得ることに寄与しているのではないでしょうか。
詰めているのは、特別本醸造。 一人がモロミタンクで酒をかくはんし、 一人が袋に詰めます。 モロミを詰める袋です。
槽ぐちから、滴り落ちる酒。 まさに“荒ばしり” 古い設備ですが、清潔に管理 されています。 松尾専務と共に。荒ばしり旨かった。
タンクを覗く松尾専務。 タンクの最高温度は、9~9.5゜に 設定してあるそうです。 純米大吟醸の水泡。9日目です。 吟醸の11日目。泡が引きました。 10cmほどのあとが見えます。
今年は、純米吟醸はもちろんのこと、特別純米、特別本醸造にも、中取りのお酒を 詰めるそうです。3月の中頃には、それらが順番に瓶詰めされてくるでしょう。楽しみです。